就労支援センターほっぷ

就労移行支援事業

障害(知的障害、高次脳機能障害)のある方に対して、社会人として自立できるように継続的な一般就労を目指しての基礎トレーニングを行っていきます。最終的には心理的にも、経済的にも「自立すること」を目指します。

就労移行支援事業の概念図

  • 就労先に安心して受け入れてもらえるよう、トレーニングと職場実習を繰り返しながら企業と障害者のニーズの調整を行います。
  • 就労に最も必要とされるコミュニケーションのスキルアップとしてのグループワークによる「気づき」のトレーニングを行います。
  • 面接の仕方や履歴書の書き方等、就労に向けての基礎トレーニングと個人技能スキルアップのためのトレーニングを行います。

●ほっぷスケジュールの一例

 
10:00~10:50 始めの
ミーティング
始めの
ミーティング
始めの
ミーティング
始めの
ミーティング
始めの
ミーティング
11 :00~12:00 ブレインジム セルフトレーニング 企業訪問に向けて SST 仕事について
13:00~13:50 メモリーノート 就職に向けて コミュニケーションⅡ セルフトレーニング 文章表現
14:00~14:50 セルフトレーニング 文章表現 コミュニケーションⅡ 就労のための心理学 ペタンク
15:00~16:00 終わりの
ミーティング
終わりの
ミーティング
終わりの
ミーティング
終わりの
ミーティング
 

写真
(脳トレーニング)
TBIドリル

写真
ビジネスマナー

写真
メモリーノート

写真
面接練習

●職場見学・体験

財団法人宮城県青年会館、スペシャルオリンピックス宮城、株式会社白木屋、株式会社深野プロ 等

↑ページの上に移動